口内炎にせんぶり(薬茶)

口内炎にせんぶり(薬茶)

口内炎にせんぶりという薬茶が効くらしい。

せんぶりというのは、笑っていいともで罰ゲームで飲まされている苦い漢方のお茶のこと。せんぶりという名は「千回振出してもまだ苦い」というところから来ており、それほど苦味がある。

主に胃腸薬として用いられているが、せんぶりの成分には抗炎症効果あるようで、これが口内炎に効くのかもしれない。

口内炎の時には、このせんぶり茶を口に含み患部にあたる様に時間をかけて飲むと良いようだ。

ぜひ、お試しいただきたい。

2010年06月13日 コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 民間療法

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。


口内炎と手足口病 »
« 口内炎にマスチゲンBBゼリー