口内炎にはリステリン

口内炎にはリステリン

先の記事で書いたNHK ためしてガッテンの実験によれば、口内の最近を殺すためにうがい薬でうがいをする事が効果的であることが分ります。

しかし、私は元々、外出から帰ったら手洗いとイソジンのようなうがい薬でうがいをすることが習慣になっていましたが、それでも口内炎はありました。

そこで、もっと効くうがい薬があるはずだと思い、色々と調べた結果、リステリンが良いとの結論に達しました。

一日二回、昼と夜、あるいは朝と夜にリステリンを使っています。

リステリンは、人によっては刺激が強すぎて使えないということもあるようですが、私の場合、それほどでもありませんでした。最初こそ、刺激がある感じはしましたが、今では慣れてしまいました。

刺激が苦手な方は、最初は、ソフトミントのリステリンから始めるのが良いと思います。オリジナルは、味がどうも薬っぽくて私は好きではありません。

ためしてガッテンにもあったように、リステリンで口をゆすいだ後は、水でも口をゆすぐと刺激も抑えられよいようです。

1リットルのボトルを買うと1ヶ月は持ちます。たったの千円弱であの辛い口内炎から逃れられるなんて、夢のようです。

また、リステリンを使うと口内炎になった時にも治りが早くなるように思います。

ぜひ、お勧めします。


【3,990円以上で送料無料】(洗口液)ジョンソン&ジョンソン 薬用リステリン ソフトミント 1L…

2010年02月11日 コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 口内炎の治し方

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。


ためしてガッテン 口内炎の治し方 »
« 口内炎予防のクリーンデンタル(歯磨き粉)