リステリンについて

リステリンについて

口内炎の予防として、私がお勧めしているリステリンとは、どんなものなのか、調べてみました。

リステリンは、ジョンソン・エンド・ジョンソンから発売されている口内洗浄剤で、殺菌作用を持っています。元々、リステリンは消毒薬として開発されたもので、外科医のジョセフ・リスター博士の手法を元に開発したらしいです。

リステリンの名称はこのリスター博士からつけられたそうです。

1895年にまずは、歯科医向けの消毒剤として発売され、1914年に一般向けに発売開始。1985年に日本で洗口液としてテスト販売開始。1991年に医薬部外品として全国発売されたそうです。

リステリンは、刺激が強すぎて30秒も耐えられないという方もいらっしゃいますが、慣れの問題だと思います。

低刺激のリステリン ソフトミントからスタートして、徐々に時間を長くしていけばよいのではないでしょうか。私は、一番刺激が強く、上級者用と言われるリステリン オリジナルでも全く問題ありません。

2010年03月14日 コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 口内炎の治し方

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。


口内炎にプロポリス »
« 口内炎にアロエが良いらしい